Amazonで今売れている英語教材をチェック
語源本の売れ筋ランキングはこちら!

語源をもっと詳しくなりたいなら、Amazonをチェックしましょう。

Amazonで語源本をチェック

語源peri (周り)の英単語の意味まとめ

スポンサーリンク

この記事では語源peri(周り)に関連する英単語を紹介します。

目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

スポンサーリンク

paradise /pˈærədὰɪs/ : 楽園

paradiseの意味は「楽園」で、語源はperi(周囲)とdheigh(作る)に由来します。原義は「エデンの園」です。

paradiseは痛みも苦しみもない幸福に満ちた場所のことです。大文字始まりでParadiseと表記するなら、宗教上の天国を意味します。またparadiseは有名なお話の名前にも使われます。失楽園は旧約聖書の創世記の挿話で、蛇にそそのかされたアダムとイヴが神の言いつけを破って「善悪の知識の実」を食べたことで、楽園を追われるお話です。また17世紀にイギリスの詩人、ジョン・ミルトンが著した叙事詩も指します。

他の語源へ / 目次へ

 

period /pí(ə)riəd/ : 期間

periodの意味は「期間」で、語源はperi(周囲)とhodos(道)に由来します。原義は「コースの周回」で、そこから出来事の時間に派生しました。

periodは「何かの時間の長さ」を指すときに使われます。例えば医者や弁護士になりたいなら、長期間勉強しないといけません。また英語は効率的に学習することで、短期間で上達することもできます。企業が人材を採用するにあたって試用期間を設けることがあります。

他の語源へ / 目次へ

 

periodical /pì(ə)riάdɪk(ə)l/ : 定期的な

periodicalの意味は「定期的な」で、語源はperiod(期間)に由来し、同義語はperiodic, regularです。

periodicalはperiodの形容詞形で、何かが定期的に発生するときに使われます。例えば生徒や労働者は年に一度定期検診を受けることになっています。営業の人間は取引先に定期訪問をしています。軽度の介護で十分な人は、介護士による定期訪問サービスを受けています。またperiodicalには「定期刊行物」の意味もあり、特にニュースや科学、医療など専門的な分野で使われます。

他の語源へ / 目次へ

 

perimeter /pəríməṭɚ/ : 外周

perimeterの意味は「外周」で、語源はperi(周囲)とmetron(測る)に由来します。同義語はcircumferenceです。

perimeterは数学で図形の周囲の長さを求めるときに使われます。私たちも数学の授業で四角形の外周の長さを計算しますよね。

合わせて読みたい

語源me, meter, metry (測る)の英単語の意味まとめ

他の語源へ / 目次へ

 

periscope /pérəskòʊp/ : 潜望鏡

periscopeの意味は「潜望鏡」で、語源はperi(周囲)とscope(見る道具)に由来します。

潜望鏡は潜水艦に取り付けられた海上を見るための道具です。

合わせて読みたい

語源scop (見る)の英単語の意味まとめ

他の語源へ / 目次へ

 

peripheral /pəríf(ə)rəl/ : 周辺の、末梢の

peripheralの意味は「周辺の」で、語源はperi(周囲)とpherein(運ぶ)に由来します。原義は「地球の周りの大気」です。

peripheralは周辺のもの、重要でないものを指すときに使われます。例えば人間の体には脳と脊髄を含む中枢神経とそれ以外の末梢神経に分かれています。

他の語源へ / 目次へ

 

periodontal /pèrioʊdάnṭl/ : 歯周の

periodontalの意味は「歯周の」で、語源はperi(周囲)とodon(歯)に由来します。関連用語にperiodontium(歯周組織), periodontist(歯周治療医), periodontitis(歯周病), periodontics(歯周治療学)などがあります。

periodontalは歯の周りの部分、歯茎に間することで使います。歯周病は歯茎が腫れたり、出血したりする病気です。歯周病の原因は歯垢なので、毎日歯を磨くことで防ぐことができます。

他の語源へ / 目次へ

 

おすすめの語源教材

ここからは個人的におすすめな英語の語源教材を紹介します。たくさん読んで、語源の知識を増やしましょう!

 

Merriam-Webster's Vocabulary Builder

英語の語源をもっと効率よく学習したいなら、「Merriam-Webster's Vocabulary Builder」がいちばんおすすめ。

私の知っている英語の語源本の中でいちばんボリュームがあり、読み応えがあります。難しい単語もガンガン使っており、語彙力を高めたい人にもうってつけ。

さらに電子書籍「Kindle」にも対応しており、通学中の電車内でも語源の学習を楽しめます。

英文の難度が高く、ボリュームもたっぷりで、読み終わるのに時間はかかりますが、語源本の中ではコスパはトップクラス!読了後にはかなりの語彙力が身に付くはずです。

 

英単語の語源図鑑

今ベストセラーの語源本。

イラストが可愛くて、語源の理解を深めやすいです。

 

新装版 連鎖式英単語事典

日本語で書かれた英語の語源本。

ページ数が多く、読み応えも十分にあります。読み物としておすすめ!

 

Instant Word Power

海外で人気の語源本。

マニアックな単語が多いですが、語源洋書の入門としてはおすすめ。

 

Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary

Instant Word Powerよりもボリュームの多い語源本。

扱う単語が増えており、たくさんの語源をインプットできます。

タイトルとURLをコピーしました