語源fus (溶ける)の英単語の意味まとめ

2016年6月26日

fuse /fjúːz/ : 溶かす

fuseの原義は「熱で溶かして混ぜ合わせる」です。例えば鋼は鉄と炭素を混ぜ合わせて作ります(to fuse iron with carbone)。同義語はmergeです。またfuseには同じ綴りで別の意味があります。過電流が流れると溶けて回路をシャットアウトする電子部品のフューズです。ただこちらの方のfuseは軸のような形に由来するとされており、「溶ける」は関係ないようです。

effusion /ɪfjúːʒən/ : 流出

effusionは「気体や液体の流出」を意味し、語源はex (外)とfusus (注ぐ)に由来します。少し専門的な医療用語で使われます。胸水(pleural effusion)とは胸と肺の間の胸膜腔内に溜まった液体のことを指します。胸水が溜まると息切れや胸の痛みが症状として現れます。治療法としては胸にチューブを挿して胸水を吸いだすのが一般的です。

profuse /prəfjúːs/ : 大量の

profuseは「大量」を意味し、語源はpro (前)とfusus (注ぐ)に由来します。あふれるほど大量に何かを撒き散らすイメージです。例えば、長時間運動を続けていると汗をびっしょりとかきます(in a profuse perspiration)。また誰にでも愛嬌を振りまく人は(to be profuse of smiles)、八方美人と呼ばれます。

transfusion /trænsfjúːʒən/ : 輸血

transfusionは「輸血」を意味し、語源はtrans (横切る)とfusus (注ぐ)に由来します。輸血とは自他からの血液を体内に注入して、血液を供給する治療法のことです。輸血元の血液は全て献血(blood donation)によって提供され、血液バッグ(blood bag)に保存されます。また輸血は点滴(drip)で行われます。

confuse /kənfjúːz/ : 混乱させる

confuseの意味は「混乱させる」で、語源はconfound(困惑させる)と同じでcon (一緒)とfundere (注ぐ)に由来します。難解な文章や紛らわしい表現に直面したときに使われます。例えば、語彙力の足りない人がTIMESなどを読むと、知らない単語が多すぎて、混乱するでしょう(to confuse them)。また、双子の見た目がそっくりな場合は、混同してしまうこともあります(to confuse the twins)。

defuse /dìːfjúːz/ : 危険を取り除く

defuseの意味は「危険を取り除く」で、語源はde (下)とfuse (注ぐ)に由来します。場の緊張を和らげたり、難局をしのぐ場合に使われます。例えば会議で言い合いになって雰囲気が重くなったときには、気の利いた人が双方をなだめて場の緊張をほぐします(to defuse a situation)。また友人同士で言い争いになった場合でも、誰かがジョークでも飛ばせば場の緊張も和らぐでしょう(to defuse a tension)。

diffuse /dɪfjúːz/ : 放散する

diffuseの原義は「撒き散らす」で、語源はdis (離れる)とfuse (注ぐ)に由来します。例えば、光はガラスや金属にぶつかると反射しますが、空気などの密度の低い物質にぶつかると放散します(to dissuse into air)。この現象はレイリー散乱(Rayleigh scattering)と呼ばれており、例えば空が青く見えるのは、太陽光が大気によって拡散するからです。

infuse /ɪnfjúːz/ : 吹き込む

infuseの原義は「注いで満たす」で、語源はin (中)とfuse (注ぐ)に由来します。意味は「思想や感情を吹き込む」です。例えば、熱血な応援は我々に勇気を与えてくれます(to infuse with courage)。また不朽の名作には作者の思いが詰まっています(to be infused with author’s feeling)。

perfusion : 灌流

perfusionは「灌流」を意味し、語源はper (ずっと)とfuse (注ぐ)に由来します。灌流とは体が血液を毛細血管にまで運ぶ現象のことで、生理学(physiology)の用語の一つです。

refuse /rɪfjúːz/ : 断る

refuseは「断る」を意味し、語源はre (後ろ)とfuse (注ぐ)に由来します。丁寧に断るdeclineと異なり、refuseはきっぱりと断るときに使われます。たとえ友人の頼みでも、ネズミ講はきちんと断りましょう(to refuse a pylamid scheme)。

語源

Posted by むれ