Amazonで今売れている英語教材をチェック
語源本の売れ筋ランキングはこちら!

語源をもっと詳しくなりたいなら、Amazonをチェックしましょう。

Amazonで語源本をチェック

語源fall (誤り)の英単語の意味まとめ

スポンサーリンク

この記事では語源fall(誤り)に関連する英単語を紹介します。

目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

スポンサーリンク

fail /feɪl/ : 失敗する、不合格になる

failは何かに失敗した時に使える一般的な単語です。例えばもしビジネスを始めたいなら、インターネットビジネスをお勧めします。仮に失敗しても(to fail in Internet business)、失うのはサーバー代くらいのものです。初期費用と維持費が安いのがネットビジネスの魅力です。一方飲食店を経営する場合、失敗したら多額の負債を抱えることになります。

failには「不合格になる」という意味もあります。数学の苦手な生徒は数学の試験で落ちてしまいますが(to fail maths)、追試に合格すれば(to pass a make-up test)、単位の心配も無くなります。また車の運転が苦手な人は何度も運転免許試験に落ちてしまいます(to fail a driving test)。落ちた場合は講習を受けて、再度チャレンジします。

他の語源へ / 目次へ

 

false /fˈɔːls/ : 真実で無い

falseは「真実・本物ではない」という意味です。人は犯罪を行うときや身を隠すときに、偽名(false name)を使うことがあります。また、事故で目を失ったときには義眼(false eye)を、老化で歯を失った場合には入れ歯(false teeth)を装着します。また、インターネットでは簡単に情報が手に入りますが、間違った情報(false information)をつかまされるリスクもあります。情報の精査は怠らないようにしましょう。

他の語源へ / 目次へ

 

fault /fˈɔːlt/ : 過失

faultは「間違いを引き起こして責任が生じること」を意味します。例えば、もしあなたが仕事でミスをして会社に損害をもたらしてしまったら、あなたの責任になります(It’s your fault)。始末書を書いて、きちんと謝罪する必要が生じます。このようにfaultは「誰に責任があるか」に重点を置きます。飲酒運転をして事故を起こし、誰かを怪我させてしまったら、事故の責任は運転手にあります(the accident is driver’s fault)。しかし、信号無視して轢かれてしまったら、責任は歩行者側にあります(the accident is pedestrian’s fault)

他の語源へ / 目次へ

 

fallacy /fˈæləsi/ : 誤謬

fallacyは「多くの人が誤解していること」を意味します。

他の語源へ / 目次へ

 

おすすめの語源教材

ここからは個人的におすすめな英語の語源教材を紹介します。たくさん読んで、語源の知識を増やしましょう!

 

Merriam-Webster's Vocabulary Builder

英語の語源をもっと効率よく学習したいなら、「Merriam-Webster's Vocabulary Builder」がいちばんおすすめ。

私の知っている英語の語源本の中でいちばんボリュームがあり、読み応えがあります。難しい単語もガンガン使っており、語彙力を高めたい人にもうってつけ。

さらに電子書籍「Kindle」にも対応しており、通学中の電車内でも語源の学習を楽しめます。

英文の難度が高く、ボリュームもたっぷりで、読み終わるのに時間はかかりますが、語源本の中ではコスパはトップクラス!読了後にはかなりの語彙力が身に付くはずです。

 

英単語の語源図鑑

今ベストセラーの語源本。

イラストが可愛くて、語源の理解を深めやすいです。

 

新装版 連鎖式英単語事典

日本語で書かれた英語の語源本。

ページ数が多く、読み応えも十分にあります。読み物としておすすめ!

 

Instant Word Power

海外で人気の語源本。

マニアックな単語が多いですが、語源洋書の入門としてはおすすめ。

 

Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary

Instant Word Powerよりもボリュームの多い語源本。

扱う単語が増えており、たくさんの語源をインプットできます。

タイトルとURLをコピーしました