スタディサプリENGLISHのキャンペーンを確認する
ビジネス英語なら、HiNativeTrek!
公式をチェック

語源claim, clamare (叫ぶ)の英単語の意味まとめ

この記事では語源claim(叫ぶ)に関連する英単語を紹介します。

目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

acclaim /əˈkleɪm/ : 褒める

acclaimの意味は「公に褒める」で、語源はad(方向)とclamare(叫ぶ)に由来します。同義語のpraiseやadmireと比べると、acclaimはフォーマルな単語で、新聞や雑誌などで使われます。例えばもしあなたが危険を顧みずに誰かを助けたら、新聞はあなたをヒーローだと書き立てるでしょう(to acclaim you as a hero)。とても面白い映画は批評家から絶賛を浴びます(to win critical acclaim)。スイスの銀行はその秘匿性から世界的に評価されています(to receive international acclaim)。

他の語源へ / 目次へ

 

claim /kleɪm/ : 主張する、請求する

claimの意味は「主張する」で、語源はclamare(叫ぶ)に由来し、同義語はinsistとassertです。claimは事の真偽はともかく、何かが正しいと言い張るときに使われます。例えば多くの健康食品はダイエット効果を主張し(to claim a dieting effect)、化粧品は美白効果を訴えます(to claim a whitening effect)。また事件で冤罪に遭いそうになったら、きちんと無実を訴えましょう(to claim your innocence)。

claimの二つ目の意味は「権利としてお金を請求する」で、返金や損害賠償などでよく使われます。例えば会社を失業した場合には、国に失業手当を請求できます(to claim unemployment benefit)。交通事故で怪我をしたときには、相手に医療費を請求できます(to claim medical expenses)。横暴な客が暴れて店の備品を壊したときには、店主は相手に損害賠償を請求できます(to claim damages)。

他の語源へ / 目次へ

 

claimant /kléɪmənt/ : 請求者

claimantの意味は「権利の請求者」で、語源はclamare(叫ぶ)に由来します。

 

clamor /klˈæmɚ/ : 大衆の叫び、要求

clamorの意味は「叫び」で、語源はclamare(叫ぶ)に由来します。clamorはニュースなどで民衆の怒りを表現するときに使われます。例えば政府が増税に踏み切ったら、民衆は反対の声をあげるでしょう(to make a clamor against heavier tax)。

他の語源へ / 目次へ

 

declaim /dɪkléɪm/ : 大声で話す

declaimの意味は「大声で話す」で、語源はde(強調)とclamere(叫ぶ)に由来します。

 

exclamation /èkskləméɪʃən/ : 叫び声

exclamationの意味は「感情が高まったときの叫び声」で、語源はex(外)とclamare(叫ぶ)に由来します。例えばオリンピックで自分の国の選手が優勝すれば、歓声をあげたくなるでしょう(to utter an exclamation)。また何かを強調するときに使われる「!」の記号は感嘆符(exclamation mark)と呼ばれます。

他の語源へ / 目次へ

 

reclaim /rɪkléɪm/ : 取り戻す、開拓する

reclaimの意味は「取り戻す」で、語源はre(反対)とclamare(叫ぶ)に由来します。例えば飛行機に乗るときは荷物を一旦預けて、目的地に着いてから受戻しを行います(to reclaim one’s baggage)。

reclaimの二つ目の意味は「開拓する」で、同義語はcultivateです。開拓(reclamation)とは、未開の土地を人が住んだり、畑を耕したりできるように開発することです。例えば水気の多い土地では埋め立てなどによって土地を開拓します(to reclaim land)。

他の語源へ / 目次へ

 

proclaim /prəʊkléɪm/ : 宣言する

proclaimの意味は「宣言する」で、語源はpro(前)とclamare(叫ぶ)に由来し、同義語はdeclareとannounceです。proclaimは国に関する重要事項を発表するときに使われます。例えば戦争が終わると、政府は国民に休戦を布告します(to proclaim the peace)。また戦争の後に独立を勝ち取ったときにも、独立を宣言します(to proclaim the independence)。

他の語源へ / 目次へ

 

おすすめの語源教材

ここからは個人的におすすめな英語の語源教材を紹介します。たくさん読んで、語源の知識を増やしましょう!

 

Merriam-Webster's Vocabulary Builder

英語の語源をもっと効率よく学習したいなら、「Merriam-Webster's Vocabulary Builder」がいちばんおすすめ。

私の知っている英語の語源本の中でいちばんボリュームがあり、読み応えがあります。難しい単語もガンガン使っており、語彙力を高めたい人にもうってつけ。

さらに電子書籍「Kindle」にも対応しており、通学中の電車内でも語源の学習を楽しめます。

英文の難度が高く、ボリュームもたっぷりで、読み終わるのに時間はかかりますが、語源本の中ではコスパはトップクラス!読了後にはかなりの語彙力が身に付くはずです。

 

英単語の語源図鑑

今ベストセラーの語源本。

イラストが可愛くて、語源の理解を深めやすいです。

¥1,620(2019/07/19 13:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

新装版 連鎖式英単語事典

日本語で書かれた英語の語源本。

ページ数が多く、読み応えも十分にあります。読み物としておすすめ!

¥3,564(2019/07/19 18:38:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

Instant Word Power

海外で人気の語源本。

マニアックな単語が多いですが、語源洋書の入門としてはおすすめ。

¥784(2019/07/19 12:23:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary

Instant Word Powerよりもボリュームの多い語源本。

扱う単語が増えており、たくさんの語源をインプットできます。

タイトルとURLをコピーしました