Amazonで今売れている英語教材をチェック
語源本の売れ筋ランキングはこちら!

語源をもっと詳しくなりたいなら、Amazonをチェックしましょう。

Amazonで語源本をチェック

語源damn, demn, damnare (害する)の英単語の意味まとめ

スポンサーリンク

この記事では語源damn(害する)に関連する英単語を紹介します。

目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

スポンサーリンク

damn /dˈæm/ : 忌まわしい

damnの意味は「忌まわしい」で、語源はdamnare(非難する)に由来します。damnは相手を口悪く罵るときに使われる単語です。例えば何か大きなミスをしたときには、人によっては「くそ!(Damn it!)」と言いたくもなります。ちなみにitは状況を表します。また犬に噛まれたときには「このバカ犬(this damn dog)」、TVの調子が悪いときには「このポンコツテレビ(this damn TV)」と思いたくもなります。

他の語源へ / 目次へ

 

damage /dˈæmɪdʒ/ : 損害

damageの意味は「物理的な損害」で、語源はラテン語のdamnum(損害)に由来します。例えば地震や津波は被災地に甚大な被害をもたらします(to cause serious damage to the disaster area)。また悪酔いして暴れて店の備品に傷をつけてしまった場合は(do damage to shop’s properties)、賠償をしなくてはなりません(to compensate for damages)。台風の被害(typhoon damage)を最小限に抑えたいなら、雨戸を閉めて窓ガラスが割れないようにしましょう。また戦闘行為で関係のない民間人に被害が出ることをcollateral damage(巻きぞえ被害)と呼びます。

他の語源へ / 目次へ

 

condemn /kəndém/ : 非難する、罪を宣告する

condemnの意味は「非難する」で、語源はcon(強調)とdemnare(害する)に由来し、同義語はblameとcriticizeです。condemnは道徳的に間違っていると思われるものに使います。例えば平和主義者は戦争を非難し(to condemn war)、差別経験者は差別を非難します(to condemn racial discrimination)。また国内でテロや大量殺人が発生すると、政治家はその行為を強く非難します(to condemn such actions)。

condemnの二つ目の意味は「罪を宣告する」で、同義語はsentenceです。この意味でのcondemnは受け身で使われることが多いです。例えば極めて悪質な犯罪を犯した者には死刑が宣告されます(to be condemned to death)。

他の語源へ / 目次へ

 

おすすめの語源教材

ここからは個人的におすすめな英語の語源教材を紹介します。たくさん読んで、語源の知識を増やしましょう!

 

Merriam-Webster's Vocabulary Builder

英語の語源をもっと効率よく学習したいなら、「Merriam-Webster's Vocabulary Builder」がいちばんおすすめ。

私の知っている英語の語源本の中でいちばんボリュームがあり、読み応えがあります。難しい単語もガンガン使っており、語彙力を高めたい人にもうってつけ。

さらに電子書籍「Kindle」にも対応しており、通学中の電車内でも語源の学習を楽しめます。

英文の難度が高く、ボリュームもたっぷりで、読み終わるのに時間はかかりますが、語源本の中ではコスパはトップクラス!読了後にはかなりの語彙力が身に付くはずです。

 

英単語の語源図鑑

今ベストセラーの語源本。

イラストが可愛くて、語源の理解を深めやすいです。

¥1,650(2019/11/11 15:15:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

新装版 連鎖式英単語事典

日本語で書かれた英語の語源本。

ページ数が多く、読み応えも十分にあります。読み物としておすすめ!

¥3,630(2019/11/11 20:13:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

Instant Word Power

海外で人気の語源本。

マニアックな単語が多いですが、語源洋書の入門としてはおすすめ。

¥717(2019/11/11 14:04:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary

Instant Word Powerよりもボリュームの多い語源本。

扱う単語が増えており、たくさんの語源をインプットできます。

タイトルとURLをコピーしました