Amazonで今売れている英語教材をチェック
語源本の売れ筋ランキングはこちら!

語源をもっと詳しくなりたいなら、Amazonをチェックしましょう。

Amazonで語源本をチェック

語源clin, clim, clinare (傾く)の英単語の意味まとめ

スポンサーリンク

この記事では語源clin(傾く)に関連する英単語を紹介します。

目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

スポンサーリンク

acclimate /ˈækləmèɪt/ : 慣れる

acclimateの意味は「慣れる」で、語源はad(方向)とclima(傾き)に由来し、同義語はadaptです。例えばどんな環境にも順応できるようになると(to acclimate oneself to any situation)、生物としての生存確率が格段に上がります。人は新しい環境に順応することで(to be acclimated to new surroudings)、体へのストレスを軽減します。

他の語源へ / 目次へ

 

climate /klάɪmət/ : 気候

climateの意味は「気候」で、語源はclima(傾き)に由来します。気候(climate)とは、特定の地域の天気の傾向のことです。例えばロシアやスウェーデンなどの高緯度地域は寒冷な気候(cold climate)で、インドネシアなどの赤道付近の地域は熱帯の気候(hot climate)で、中東あたりは砂漠が多いので乾燥した気候(dry climate)で知られています。weatherとclimateの違いについてですが、weatherが曇りや雨などの一時的な気象現象を指すのに対し、climateは天気を統計的に分析して判明する全体的な傾向を指します。

他の語源へ / 目次へ

 

climax /klάɪmæks/ : 最高潮、絶頂

climaxの意味は「クライマックス」で、語源はklinein(傾く)に由来します。クライマックス(climax)とは、演劇や物語などの一番盛り上がる場面のことです。例えば推理小説の山場(the climax of mystery novels)は推理パートにあります。また夏祭りの山場(the climax of summer festival)は最後の花火に限ります。

他の語源へ / 目次へ

 

decline /dɪklάɪn/ : 下落する、断る

declineの意味は「下落する」で、語源はde(離れる)とclinare(傾く)に由来します。同義語のdecreaseと同じように、自動詞として使われることが多いです。例えば不況になると労働者の数が急減します(the number of workers decline rapidly)。若いうちから健康に気を使わないと、中年になって健康が衰え始めます(their health begins to decline)。

declineの二つ目の意味は「辞退する」です。同義語のrefuseやrejectと少し異なり、declineは申し出や招待などを丁寧に断るときに使われます。例えば知人から待遇の良い仕事の申し出を受けたとしても、現在の仕事が気に入っていればそのオファーを断ることもあります(to decline the offer)。また友人から結婚式の招待を受けても、都合がつかなければ断ることもあるでしょう(to decline the wedding invitation)。

他の語源へ / 目次へ

 

incline /ɪnklάɪn/ : 傾ける

inclineの意味は「傾く・傾ける」で、語源はin(中)とclinare(傾く)に由来し、同義語はbend, tilt, leanです。例えば口を使わずに同意の意思を伝えるときには、頭を下げますね(to incline your head)。また床に落ちている物を拾うときには、体を前にかがめます(to incline your body forward)。

他の語源へ / 目次へ

 

recline /rɪklάɪn/ : 後ろにもたれる

reclineの意味は「後ろにもたれる」で、語源はre(後ろ)とclinare(傾く)に由来し、同義語はlean backです。例えば仕事で疲れて帰ってくると、ソファでくつろぎたくなりますね(to recline on a sofa)。暖かく晴れた日には芝地で横たわりたくなります(to recline on the grass)。またリクライニングシート(reclining seat)とは、背もたれを後ろに倒せる椅子のことで、新幹線や飛行機の座席に備え付けられています。

他の語源へ / 目次へ

 

おすすめの語源教材

ここからは個人的におすすめな英語の語源教材を紹介します。たくさん読んで、語源の知識を増やしましょう!

 

Merriam-Webster's Vocabulary Builder

英語の語源をもっと効率よく学習したいなら、「Merriam-Webster's Vocabulary Builder」がいちばんおすすめ。

私の知っている英語の語源本の中でいちばんボリュームがあり、読み応えがあります。難しい単語もガンガン使っており、語彙力を高めたい人にもうってつけ。

さらに電子書籍「Kindle」にも対応しており、通学中の電車内でも語源の学習を楽しめます。

英文の難度が高く、ボリュームもたっぷりで、読み終わるのに時間はかかりますが、語源本の中ではコスパはトップクラス!読了後にはかなりの語彙力が身に付くはずです。

 

英単語の語源図鑑

今ベストセラーの語源本。

イラストが可愛くて、語源の理解を深めやすいです。

 

新装版 連鎖式英単語事典

日本語で書かれた英語の語源本。

ページ数が多く、読み応えも十分にあります。読み物としておすすめ!

 

Instant Word Power

海外で人気の語源本。

マニアックな単語が多いですが、語源洋書の入門としてはおすすめ。

 

Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary

Instant Word Powerよりもボリュームの多い語源本。

扱う単語が増えており、たくさんの語源をインプットできます。

タイトルとURLをコピーしました