語源cre, cern, cernere (分ける)の英単語の意味まとめ

2017年12月11日

concern /kənsˈɚːn/ : 心配事

concernは「心配」を意味し、語源はcon(一緒)とcernere(分ける)に由来し、同義語はworryとanxietyです。人なら誰にだって心配事(concern)の一つはあるものです。例えば歳をとって働けない人にとって、お金は心配事の一つです(money is one of concern)。現在の日本には高齢化について大きな不安があります(there is serious concern in population aging)。

おすすめ英語教材

スマホで英会話・TOEIC対策

スマホで英語の添削

decree /dɪkríː/ : 法令

decreeの意味は「法令」で、語源はde(下)とcernere(分ける)に由来します。法令(decree)とは国会の定める「法律」と行政機関が出す「命令」を合わせた法律用語です。法令にカバーする範囲は広く、憲法、条約、法律、政令、条例などが含まれます。新しく法令が作られた場合には、国民に広く知らせるために法令を発布します(to issue decree)。

おすすめ英語教材

スマホで英会話・TOEIC対策

スマホで英語の添削

discreet /dɪskríːt/ : 思慮深い

discreetの意味は「思慮深い」で、語源はdis(離れる)とcernere(分ける)に由来します。discreetは相手の気分を害さないように発言や行動に気をつける様子を指します。例えば分別のある人(discreet person)は常に相手を傷つけない配慮をしており、周囲の人からも信頼されています。また秘密を打ち明けるときは常に慎重であるべきです(should be discreet in confessing your secret)。

おすすめ英語教材

スマホで英会話・TOEIC対策

スマホで英語の添削

discern /dɪsˈɚːn/ : 識別する

discernの意味は「識別する」で、語源はdis(離れる)とcernere(分ける)で、同義語はtellとdistinguishです。例えば犬は嗅覚が鋭いので、匂いを嗅ぎ分けることができます(to discern smell)。美食家は料理の味の違いがわかります(to discern flavors of food)。子どもは道徳や倫理観がまだ備わっていないので、善悪を見分けることができません(cannot discern good from evil)。

おすすめ英語教材

スマホで英会話・TOEIC対策

スマホで英語の添削

discriminate /dɪskrímənèɪt/ : 差別する

discriminateの意味は「差別する」で、語源はdis(離れる)とcernere(分ける)に由来します。差別(discrimination)とは、人種や国籍、性別などで人を不平等に扱うことです。例えば昔は黒人を差別するのが当たり前とされていました(to discriminate against black people)。日本では外国人を差別する風潮はまだ根強いです(to discriminate against foreigner)。

おすすめ英語教材

スマホで英会話・TOEIC対策

スマホで英語の添削

excrement /ékskrəmənt/ : 排泄物

excrementの意味は「排泄物」で、語源はex(外)とcernere(分ける)に由来します。ただexcrementはかなり堅い表現なので、日常ではpooが使われます。介護が必要な人は自分で排便ができないため、他の人が排泄物を処理しないといけません(to dispose of their excrement)。

おすすめ英語教材

スマホで英会話・TOEIC対策

スマホで英語の添削

secret /síːkrət/ : 秘密の

secretの意味は「秘密の」で、語源はse(離れる)とcernere(分ける)に由来し、同義語はprivate, hidden, confidentialです。秘密を知っている少数の人間とそれを知らない多数の人間を分けるイメージですね。例えば敵国の情報を手に入れたい場合には、極秘任務(secret mission)として敵国に密使(secret agent)を派遣します。また評判の良いレストランでは他の店では真似できない秘密のレシピ(secret recipe)を使っているかもしれません。

おすすめ英語教材

スマホで英会話・TOEIC対策

スマホで英語の添削

secretary /sékrətèri/ : 秘書、長官

secretaryの意味は「秘書」で、語源はse(離れる)とcernere(分ける)に由来し、原義は「秘密を任された人」です。秘書(secretary)の仕事は、上司のスケジュール調整や来客対応、電話応対などを行うことで、アシスタントとほぼ同じです。

secretaryの二つ目の意味は「公的機関のトップ」です。secretaryはもともと王族の側近として機密を扱う職業だったため、大臣と同じポジションとみなされていました。例えばアメリカの海軍長官(Secretary of the Navy)は海軍省のトップですし、ソ連や中国、北朝鮮のトップも書記長や総書記(general secretary)と呼ばれています。

おすすめ英語教材

スマホで英会話・TOEIC対策

スマホで英語の添削

secretion /sɪkríːʃən/ : 分泌

secretionの意味は「分泌」で、語源はse(離れる)とcernere(分ける)に由来し、動詞形はsecreteです。分泌(secretion)とは、体内の細胞が何らかの生産物を排出することです。動物の体は必要に応じて特定の物質を排出するようにできています。例えば人間は体温調節のために皮膚の汗腺から汗を分泌します(to secrete sweat)。他にも口内の唾液腺は食べ物の消化を助けるために唾液を分泌します(to secrete saliva)。

おすすめ英語教材

スマホで英会話・TOEIC対策

スマホで英語の添削

語源

Posted by むれ