語源crypt, kryptos (隠れる)の英単語の意味まとめ

2018年7月21日

この記事では語源crypt(隠れる)に関連する英単語を紹介します。

crypt /krípt/ : 地下聖堂、crypt関数

cryptの意味は「地下聖堂」で、語源はkryptos(隠れた)に由来します。地下聖堂(crypt)は教会の下に作られる部屋で、死者を安置するために使われていました。

cryptの二つ目の意味は「crypy関数」です。crypt関数はパスワードを暗号化するための関数のことです。世の中にはパスワードを解析するツールも出回っているので、暗号化でセキュリティを固めておきましょう。

 

cryptography /krɪptάgrəfi/ : 暗号

cryptographyの意味は「暗号」で、語源はkryptos(隠れた)とgraphein(書く)に由来し、同義語はcodeとcipherです。暗号(cryptography)とは、敵勢力に内容を知られることなく味方に情報を伝える技術のことです。特に戦時中は敵に情報が筒抜けになると大きく不利になるので、情報の暗号化は重要でした。第二次世界大戦からは特定のアルゴリズムで文字を返還するサイファという方法が主流になりました。ドイツが使用したエニグマという暗号機に聞き覚えがある人もいるはずです。

合わせて読みたい

語源graph (書く)の英単語の意味まとめ

 

decrypt /diːˈkrɪpt/ : 解読する

decryptの意味は「暗号を解読する」で、語源はde(外す)とkryptos(隠れた)に由来し、同義語はdecode, decipherです。decryptは特にパソコンを使った暗号の解読で使われます。例えば他人に見られたくないファイルがある場合は、暗号化ソフトでキーをかけて必要な時には暗号を符号化して(to decrypt a code)、ファイルと閲覧します。ファイルを暗号化する時には解読キー(decryption key)を忘れないように注意しましょう。

 

encrypt /ɛnkrɪ́pt/ : 暗号化する

encryptの意味は「暗号化する」で、語源はin(中)とkryptos(隠れた)に由来し、同義語はencodeです。decryptと同様にパソコンで使われることが多いです。例えば相手に機密情報を送るときは、第三者に知られないように情報を暗号化します(to encrypt the information)。ネットの買い物で一番怖いのはクレジットカードなどの情報が流出することです。ネット上で決済する場合はデータ暗号化(data encryption)を導入している大手のサイトを使いましょう。

 

おすすめ記事

英語を効率よく学ぶなら、この記事を読みましょう。

スマホ対応!英語教材のおすすめ人気ランキング

語源の知識を増やしたいなら、この記事を読みましょう。

英語の語源が丸分かり!おすすめの英語語源教材まとめ

語源

Posted by むれ