スタディサプリENGLISHのキャンペーンを確認する
ビジネス英語なら、HiNativeTrek!
公式をチェック

語源crypt, kryptos (隠れる)の英単語の意味まとめ

この記事では語源crypt(隠れる)に関連する英単語を紹介します。

目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

crypt /krípt/ : 地下聖堂、crypt関数

cryptの意味は「地下聖堂」で、語源はkryptos(隠れた)に由来します。地下聖堂(crypt)は教会の下に作られる部屋で、死者を安置するために使われていました。

cryptの二つ目の意味は「crypy関数」です。crypt関数はパスワードを暗号化するための関数のことです。世の中にはパスワードを解析するツールも出回っているので、暗号化でセキュリティを固めておきましょう。

他の語源へ / 目次へ

 

cryptography /krɪptάgrəfi/ : 暗号

cryptographyの意味は「暗号」で、語源はkryptos(隠れた)とgraphein(書く)に由来し、同義語はcodeとcipherです。暗号(cryptography)とは、敵勢力に内容を知られることなく味方に情報を伝える技術のことです。特に戦時中は敵に情報が筒抜けになると大きく不利になるので、情報の暗号化は重要でした。第二次世界大戦からは特定のアルゴリズムで文字を返還するサイファという方法が主流になりました。ドイツが使用したエニグマという暗号機に聞き覚えがある人もいるはずです。

合わせて読みたい

語源graph (書く)の英単語の意味まとめ

他の語源へ / 目次へ

 

decrypt /diːˈkrɪpt/ : 解読する

decryptの意味は「暗号を解読する」で、語源はde(外す)とkryptos(隠れた)に由来し、同義語はdecode, decipherです。decryptは特にパソコンを使った暗号の解読で使われます。例えば他人に見られたくないファイルがある場合は、暗号化ソフトでキーをかけて必要な時には暗号を符号化して(to decrypt a code)、ファイルと閲覧します。ファイルを暗号化する時には解読キー(decryption key)を忘れないように注意しましょう。

他の語源へ / 目次へ

 

encrypt /ɛnkrɪ́pt/ : 暗号化する

encryptの意味は「暗号化する」で、語源はin(中)とkryptos(隠れた)に由来し、同義語はencodeです。decryptと同様にパソコンで使われることが多いです。例えば相手に機密情報を送るときは、第三者に知られないように情報を暗号化します(to encrypt the information)。ネットの買い物で一番怖いのはクレジットカードなどの情報が流出することです。ネット上で決済する場合はデータ暗号化(data encryption)を導入している大手のサイトを使いましょう。

他の語源へ / 目次へ

 

おすすめの語源教材

ここからは個人的におすすめな英語の語源教材を紹介します。たくさん読んで、語源の知識を増やしましょう!

 

Merriam-Webster's Vocabulary Builder

英語の語源をもっと効率よく学習したいなら、「Merriam-Webster's Vocabulary Builder」がいちばんおすすめ。

私の知っている英語の語源本の中でいちばんボリュームがあり、読み応えがあります。難しい単語もガンガン使っており、語彙力を高めたい人にもうってつけ。

さらに電子書籍「Kindle」にも対応しており、通学中の電車内でも語源の学習を楽しめます。

英文の難度が高く、ボリュームもたっぷりで、読み終わるのに時間はかかりますが、語源本の中ではコスパはトップクラス!読了後にはかなりの語彙力が身に付くはずです。

 

英単語の語源図鑑

今ベストセラーの語源本。

イラストが可愛くて、語源の理解を深めやすいです。

¥1,620(2019/07/24 13:29:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

新装版 連鎖式英単語事典

日本語で書かれた英語の語源本。

ページ数が多く、読み応えも十分にあります。読み物としておすすめ!

¥3,564(2019/07/23 18:40:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

Instant Word Power

海外で人気の語源本。

マニアックな単語が多いですが、語源洋書の入門としてはおすすめ。

¥784(2019/07/24 12:26:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary

Instant Word Powerよりもボリュームの多い語源本。

扱う単語が増えており、たくさんの語源をインプットできます。

タイトルとURLをコピーしました