Amazonで今売れている英語教材をチェック
語源本の売れ筋ランキングはこちら!

語源をもっと詳しくなりたいなら、Amazonをチェックしましょう。

Amazonで語源本をチェック

語源culp, culpa (犯罪)の英単語の意味まとめ

スポンサーリンク

この記事では語源culp(犯罪)に関連する英単語を紹介します。

目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

スポンサーリンク

culpable /kˈʌlpəbl/ : 過失のある

culpableの意味は「過失のある」で、語源はculpa(罪)に由来します。法律用語の過失とは「意図的起こしたわけではないけれど、事故を防ぐ努力を怠ったこと」です。例えば子どもを炎天下の車内に放置して熱中症で死なせてしまった場合は、管理不行き届き(culpable negligence)とみなされます。また工場のメンテナンスが行き届いておらず作業員が機械に巻き込まれて死んでしまった場合は、責任者は過失致死傷罪(culpable homicide)に問われます。

他の語源へ / 目次へ

 

culprit /kˈʌlprɪt/ : 犯人

culpritの意味は「犯人」で、語源はculpa(罪)に由来し、同義語はcriminalです。culpritは犯人だと思われる人を指すこともあり、推理小説でしばしば出てきます。高度なトリックを用いて殺人が行われた場合は、「犯人は誰だ?(Who is the culprit?)」と考え込んでしまいますね。また現実の世界では警察は犯人を捕まえるのが仕事です(to catch a culprit)。犯人が野放しになっていると(the culprit is at large)、街の治安が脅かされるので警察も必死になって捜索します。

他の語源へ / 目次へ

 

exculpate /ékskʌlpèɪt/ : 無罪を証明する

exculpateの意味は「無罪を証明する」で、語源はex(外)とculpa(罪)に由来し、同義語はvindicateです。もし近所で事件が起きて誤認逮捕されてしまったら、自分で無実を訴える必要があります(to exculpate oneself)。

他の語源へ / 目次へ

 

inculpate /ɪnkˈʌlpeɪt/ : 非難する

inculpateの意味は「非難する」で、語源はin(中)とculpa(罪)に由来し、同義語はaccuseです。

他の語源へ / 目次へ

 

おすすめの語源教材

ここからは個人的におすすめな英語の語源教材を紹介します。たくさん読んで、語源の知識を増やしましょう!

 

Merriam-Webster's Vocabulary Builder

英語の語源をもっと効率よく学習したいなら、「Merriam-Webster's Vocabulary Builder」がいちばんおすすめ。

私の知っている英語の語源本の中でいちばんボリュームがあり、読み応えがあります。難しい単語もガンガン使っており、語彙力を高めたい人にもうってつけ。

さらに電子書籍「Kindle」にも対応しており、通学中の電車内でも語源の学習を楽しめます。

英文の難度が高く、ボリュームもたっぷりで、読み終わるのに時間はかかりますが、語源本の中ではコスパはトップクラス!読了後にはかなりの語彙力が身に付くはずです。

 

英単語の語源図鑑

今ベストセラーの語源本。

イラストが可愛くて、語源の理解を深めやすいです。

 

新装版 連鎖式英単語事典

日本語で書かれた英語の語源本。

ページ数が多く、読み応えも十分にあります。読み物としておすすめ!

 

Instant Word Power

海外で人気の語源本。

マニアックな単語が多いですが、語源洋書の入門としてはおすすめ。

 

Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary

Instant Word Powerよりもボリュームの多い語源本。

扱う単語が増えており、たくさんの語源をインプットできます。

タイトルとURLをコピーしました