語源aer, air, aero, aeri (空気)の英単語の意味まとめ

aerate:空気を送る

aerate(éəreɪt)の意味は「空気を送る」で、語源はaer(空気)に由来します。

aerateは水中や土に空気を送ることを意味します。似た意味の単語のventilate(換気する)は建物や部屋に使われます。例文を見てみましょう。

アクアショップの水槽を見ると、底から泡がブクブクと上がっています。
Looking at the aqua shop’s aquarium, bubbles are rising from the bottom.

これは水槽の内部に空気を送って酸素を供給するためです。
This is because it aerates the inside of the aquarium and supplies oxygen.

浄水処理施設でも微生物に酸素を送るために通気が行われています。
Aeration is also carried out at the water purification treatment facility to send oxygen to microorganisms.

エアレーションは土にも行われます。
Aeration is also done on earth.

芝生に穴を開けて土壌を通気することで通気性と排水性が高まります。
Breathability and drainage are enhanced by piercing the lawn and aerating the soil.

aerial:航空機からの

aerial(éəriəl)の意味は「航空機からの」で、語源はaer(空気)に由来します。例文を見てみましょう。

空襲とは、航空機で空中から爆弾の投下や機銃掃射を行うことです。同義語はairstrike, air-raidです。
Air raids means to do bombs from air or sweep machine guns with aircraft. Its synonyms are airstrike and air-raid.

航空写真は昔は偵察に使われていましたが、今は地形図の作成に使われています。
Aerial photographs were used for reconnaissance in the past, but now they are used to create topographic maps.

航空士は、航空機の現在位置や進路の測定を行うのに必要な国家資格です。
Aerial navigator is the national qualifications required to measure aircraft current position and its course.

航空士の資格を得るには、一定の飛行経歴が必要です。
A certain flight career is necessary to obtain the qualification of the aerial navigator.

aerobic:有酸素の

aerobic(e(ə)róʊbɪk)の意味は「有酸素の」で、語源はaero(酸素)とbio(生物)に由来し、対義語はanaerobic(無酸素の)です。

aerobicは運動や生命活動により生物が酸素を使うことを意味します。例文を見てみましょう。

有酸素運動とは、体内の脂肪や糖質を酸素とともに消費する運動のことです。
Aerobic exercise is exercise that consumes fat and carbohydrates in the body with oxygen.

ジョギング、水泳、サイクリングなど長い時間かけて行う運動が有酸素運動に分類されます。
Jogging, swimming, cycling and other long-running exercises are classified as aerobic exercise.

有酸素運動には脂肪を燃焼させる効果があるので、減量するのに最適です。
Aerobic exercise has the effect of burning fat, making it ideal for weight loss.

有酸素運動の他のメリットは、心肺機能の向上、うつ病のリスクの軽減、脳の記憶細胞の活性化です。
Other benefits of aerobic exercise are improved cardiopulmonary function, reduced risk of depression, activation of memory cells in the brain.

aerobicは生物学の分野でも使われます。
aerobic is also used in the field of biology.

好気性生物とは、酸素を使って代謝を行う生物のことです。
Aerobic organisms are those that metabolize with oxygen.

ほとんどの動物は好気性生物に分類されます。
Most animals are classified as aerobic organisms.

aerobics:エアロビクス

aerobics(e(ə)róʊbɪks)の意味は「エアロビクス」で、語源はaerobic(有酸素の)に由来します。語尾にsが付いていますが、単数形扱いです。

エアロビクスとは、音楽に合わせて行われる有酸素運動のことです。
Aerobics is an aerobic exercise performed according to music.

通常はインストラクターが同伴して、クラス単位で行われます。
It is usually done with the instructor accompanied by the class.

エアロビクスの最大の長所は、続けやすいことです。
The biggest advantage of aerobics is easy continuation.

通常の運動は単調で退屈ですが、エアロビクスは誰でも気軽に楽しめます。
Normal exercise is monotonous and boring, but anyone can enjoy aerobics casually.

運動が嫌いな人には是非ともエアロビクスをオススメします。
For those who dislike exercise, we will recommend aerobics by all means.

aerospace:航空宇宙

aerospace(ɛ́roʊspèɪs)の意味は「航空宇宙」で、語源はaero(空気)とspace(宇宙)に由来します。

aerospaceは宇宙船、航空機を作る学問分野のことです。例文を見てみましょう。

航空宇宙産業では、航空機や宇宙船、誘導ミサイルや推進装置、人工衛星などを開発しています。
The aerospace industry are developing aircraft, spacecraft, guided missiles and propulsion devices, artificial satellites, and so on.

ほとんどの先進国では、公的機関が民間産業に協力して、航空宇宙産業を形成しています。
In most developed countries, public institutions cooperate with the private industry to form the aerospace industry.

そのため航空宇宙会社はほとんどの仕事を政府から受注します。
As a result, aerospace companies will take orders from the government for most jobs.

aerodynamics:空気力学、航空力学

aerodynamics(ɛ̀roʊdaɪnǽmɪks)の意味は「空気力学・航空力学」で、語源はaero(空気)とdynamis(力)に由来します。

aerodynamicsは空気の運動作用や、空気中での物体の運動を研究する学問です。例文を見てみましょう

物体が空気中で運動すれば、かならず空気抵抗を受けます。
If the object moves in the air, it always receives air resistance.

そのため物体を効率よく運動させるには、空気の運動を調べる必要があります。
Therefore, in order to move the object efficiently, it is necessary to investigate the motion of the air.

空気力学は自動車、航空機、鉄道などの輸送機関の開発で使われます。
Aerodynamics is used in the development of transportation vehicles such as automobiles, aircraft and railroads.

空気力学により空気抵抗の少ない乗り物を開発することができます。
Aerodynamics makes it possible to develop vehicles with low air resistance.

airline:航空会社

airline(éɚlὰɪn)の意味は「航空会社」で、語源はair(空気)とline(線)に由来し、原義は「地球上の二点を結ぶ空中の線」です。

airlineは航空機を使って乗客や貨物を運ぶビジネスをしている会社を意味します。例文を見てみましょう。

航空会社は旅客機を保有し、乗客や貨物を運送することで利益を得ます。
The airline owns passenger aircraft and obtains profits by transporting passengers and cargo.

航空会社は、大きく分けてLCCとレガシーキャリアの2種類があります。
There are two major types of airline companies, LCC and Legacy carrier.

LCC(Low Cost Carrier)は料金が格安ですが、サービスが簡素化されています。
LCC (Low Cost Carrier) is cheap, but service is simplified.

レガシーキャリアは運賃が高いですが、質の高いサービスやマイレージサービスを提供しています。(マイレージサービスは和製英語)
Legacy carriers offer high quality fares and frequent flyer services although fares are high. (Mileage service is Japanese English)

anaerobic:無酸素の

anaerobic(æ̀nɚóʊbɪk)の意味は「無酸素の」で、語源はan(否定)とaerobic(有酸素の)に由来します。

anaerobicは運動・代謝で酸素を使わないことを意味します。例文を見てみましょう。

無酸素運動とは、筋トレや短距離走などエネルギー消費に酸素を使わない運動のことです。
Anaerobic exercise is exercise that does not use oxygen for energy consumption such as muscle training or sprint.

無酸素運動で筋肉を鍛えれば、わずかですが基礎代謝量を増やすことができます。
If you train your muscles with anoxic exercise, you can increase basal metabolism, though slightly.

anaerobicは生物学でも使われます。
Anaerobic is also used in biology.

嫌気性生物は代謝に酸素を使わない生物で、下水処理に使われます。
Anaerobic organisms are organisms that do not use oxygen for metabolism, and are used for sewage treatment.

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です