英語添削サービスHinative Trekのメリット・デメリットまとめ

2018年2月14日

 

効率よく英語力を高めたいなら、確かにスタディサプリ ENGLISHが一番です。

コストパフォーマンスが非常に高く、教材のボリュームも満点ですからね。

しかしスタディサプリだけだと、英語による生のコミュニケーションが取れないため、自分の話す英語が正しいかどうか分からなくなります。

正しい英語を身につけるには、優秀な先生が必要です。

そんな方にはHiNative Trekがおすすめです。

HiNative Trekに登録する

 

HiNative Trekは英語の添削サービス

HiNative Trekはインターネットを介してネイティブの先生に英語の添削をしてもらえるサービスです。

メールのように英文や音声データをやりとりするため、予約は不要です。

またサービスはパソコンとスマホアプリに対応しており、外出先で英作文のレッスンを受けられます。

スマホアプリの場合は、専用アプリ「HiNative」をダウンロードします。

 

学べる分野はビジネスとIT

HiNative Trekのコースは、Business、IT Part1、IT Part2の3種類に分かれています。

Businessではビジネス英語を、IT Part1はITの基礎英語を、IT Part2ではITの専門英語を学びます。

 

料金は月額9800円

HiNative Trekの料金は月額で9800円です。

年間プランに加入すると、月額8167円になり20%お得です。

 

課題は翻訳とスピーキング

HiNative Trekの課題は、主に翻訳やスピーキングです。

例えば、こんな日本語の短文を英訳します。

週末に近づくと、難易度が上がります。

 

HiNative Trekのメリット

いつでもどこでもスマホで英語学習できる

HiNative Trekはスマホで英語学習ができ、時間と場所を選びません。

電車の中や待ち時間でサクッと課題を片付けられます。

ただ、スピーキングの課題は人前では恥ずかしくてできないですよね。

音声データは後からでも投稿でき、スピーキングは家でやることもできます。

 

PCにも対応している

HiNative Trekはパソコンにも対応しています。

スマホの小さな画面で文字を打つのが苦手でも大丈夫です。

 

ネイティブの講師が担当

HiNative Trekで添削してくれるのはネイティブ講師です。

英語のナチュラルな表現を身につけるなら、ネイティブの英語講師に学ぶのが一番です。

生まれてからずっと英語を使っており、英語の会話表現・文法表現の膨大な知識を持っているからです。

 

講師に質問もできる

英語に関して分からないことがあれば、講師に質問できます。

ただし相手はネイティブなので、質問は英語でしましょう。

英語で自発的にコミュニケーションを取ることで、質の良いアウトプットにもつながります。

 

英語学習のモチベーションを維持しやすい

HiNative Trekでは毎日5分程度の課題をこなします。

毎日英語学習をしていると、次第にそれが習慣になります。

英語学習が習慣になると、それを苦痛に思わなくなり、どんどん積極的に英語学習をするようになります。

HiNative Trekは学習を続ける上で最も大切な「習慣」を作ってくれます。

 

スピーキング・ライティングを鍛えられる

HiNative Trekには英作文や発音の課題もあり、ライティングやスピーキングの力も鍛えられます。

どちらのスキルも市販の英語教材ではなかなか鍛えられません。

英語のアウトプットを鍛えるには、質の良い相手が必要ですからね。

HiNative Trekで鍛えたスキルは、英会話や英文メールで役立ちます。

 

HiNative Trekのデメリット

月額料金が9800円と高い

HiNative Trekの最大のデメリットは、月額料金が9800円と高いことです。

おそらくネイティブ講師の人件費が原因でしょう。スタディサプリと違って、英語の添削は自動化できませんからね。

それでも既存の英会話スクールよりは圧倒的に安いです。英会話スクールは1レッスンで5000円以上ですが、HiNative Trekは1日400円です。

人を使ったサービスなので料金は高いですが、きちんと使えば元は取れます。

 

課題のボリュームが少ない

HiNative Trekは毎日5分程度の課題をこなすスタイルです。

一回あたりの分量が少ないため、がっつり英語をやりたい人には向いてないです。

英語をたくさんインプットしたいならスタディサプリ ENGLISH、英語をたくさんアウトプットしたいならネットで英語圏の人とやり取りするのがいいです。

HiNative Trekは、忙しくて英語を勉強する時間がない人におすすめです。

 

英語をアウトプットするならHiNative Trek!

HiNative Trekはスキマ時間で英語のアウトプットができるサービスです。

月額9800円は高いですが、英会話スクールに行くよりは安上がりです。

支払う金額より得られる英語力の方が多いので、気になる人は公式サイトをチェックしましょう。

HiNative Trekに登録する

英語学習

Posted by むれ