Chromeの検索窓で他のウェブ辞書を検索できるようにする方法

2017年9月9日

Chromeの便利機能

Chromeブラウザで新しいタブを開いて特定の文字列を打ち込むと、任意のサイトにショートカットできます。例えばURL欄にyと打つと、yで始まるサイトが候補に上がります。

いちいちURLを全て入力しなくても好きなサイトに行けるので、とても便利です。

URL欄から検索

またGoogle検索の場合はURLスペースに調べたいワードを入力することで検索結果を表示できます。新しいタブを開く→ワード入力の流れですぐに検索できるのでこれもすごく便利です。

ショートカット+検索

今回はこの2つの機能を使って、Google検索と同じ要領で他の辞書サイトを検索できるように改造します。私の場合はLongman English DictionaryとOnline Etymology Dictionaryの2つを登録しておきます。

まずはChromeの右端の3点のアイコンをクリックして、「設定」を選びます。

設定画面に進んだら、検索という項目の「検索エンジンの管理」をクリックします。

下記のように検索エンジンのリストが表示されます。左から検索エンジン、キーワード、URLです。真ん中のキーワードの文字列を一文字にしてショートカットできるように設定しましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-14-20-55

次に右側のURLの設定もします。ただ辞書サイトのURLをコピペするだけでは、検索の機能を使うことができません。ちょっといじる必要があります。

URLの末尾に”?q=”というテキストを入れて、入力した文字が検索されるようにしましょう。Longman辞書ならこんな感じです。

http://www.ldoceonline.com/search/?q=%s

これで設定は完了です。上の画像の場合なら、URLスペースに”l”とスペースを押せば、Longman辞書での検索に切り替わります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-14-29-43

Online Etymology Dictionaryの場合も同じ要領で設定できます。

http://www.etymonline.com/index.php?allowed_in_frame=0&search=%s

英語学習

Posted by むれ