語源necro, nekros (死体)の英単語の意味まとめ

2017年11月17日

necromancy /nékrəm`ænsi/ : 死霊術

necromancyの意味は「死霊術」で、語源はnekros(死体)とmanteia(神託)に由来します。死霊術(necromancy)とは、死体に魂を吹き込んで予言を得たり、死者を蘇らせたりする魔術のことです。そのような術を扱う術師をネクロマンサー(necromancer)と呼びます。死霊術はゲームやフィクションで飽きるほど登場します。ゾンビやスケルトンを呼び出したり、死人をアンデッドとして蘇らせたりして、主人公やプレイヤーを苦しめます。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

necrophagous /nekrɑ́fəgəs/ : 腐肉食性の

necrophagousの意味は「腐肉食性の」で、語源はnekros(死体)とphagain(食べる)に由来します。腐肉食とは、動物の死体を主な食物とする性質のことです。またそのような性質を持つ動物を腐肉色動物(scavenger)と呼び、ハイエナやハゲワシ、ウジなどが該当します。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

necrophilia /nèkrəfíliə/ : 屍姦

necrophiliaの意味は「屍姦」で、語源はnekros(死体)とphilia(愛)に由来します。屍姦とは死体に性的な欲望を感じる性的倒錯の一種です。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

necropolis /nəkrάpəlɪs/ : 共同墓地

necropolisの意味は「共同墓地」で、語源はnekros(死体)とpolis(都市)に由来します。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

necropsy /neˈkrɒpsi/ : 検死

necropsyの意味は「検死」で、語源はnekros(死体)とopsis(見る)に由来し、同義語はautopsyとpostmortemです。検死とは、検死官(coroner)が死体の死因を特定して、事件性があるかどうかを確かめる作業のことです。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

necrosis /nəkróʊsəs/ : 壊死

necrosisの意味は「細胞の壊死」で、語源はnekros(死体)に由来します。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

語源

Posted by むれ