語源nex, nect, nectere (つなぐ)の英単語の意味まとめ

2017年11月17日

annex /ənéks/ : 併合する

annexの意味は「併合する」で、語源はad(方向)とnectere(つなぐ)に由来します。annexは武力を用いて隣の地域を無理やり併合する時に使われます。小国が大国に飲み込まれてしまうのは歴史的によくあることです。

例えばチベットは1950年あたりに中国に併合されています(Tibet was annexed by China in 1950s)。またバルト諸国も1940年あたりにソ連に併合されていましたが(Baltic countries was annexed by the Soviet Union in 1940s)、1993年には独立を達成しました。実は日本も隣国を併合した歴史があります。1910年に韓国は日本に併合され(Korea is annexed by Japan in 1910)、第二次世界大戦が終わるまで日本の統治を受けていました。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

connect /kənékt/ : つなぐ

connectの意味は「つなぐ」で、語源はcom(一緒)とnectere(つなぐ)に由来し、同義語はlinkとjoinです。connectは何か連結物で二つのものをつなぐ時に使われます。例えば電子レンジや洗濯機などの家電製品はコンセントに繋いで使います(Home appliances are connected to outlet)。イヤホンを使って音楽を聴きたいなら、まずイヤホンをオーディオ機器に接続します(You connect an earphone with an audio device)。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

connector /kənéktər/ : 連結器

connectorの意味は「連結器」で、語源はconnect(つなぐ)に由来し、同義語はterminal(端子)です。connectorは電子機器などを接続するための部品のことで、コードを繋いだり外したりするのを容易にします。突起部のあるものはオスコネクター(male connector)、穴のあるものはメスコネクター(female connector)と呼ばれます。USBコネクター(USB connector)は代表的な例で、有線のマウスやキーボードをつなぐ時に使われます。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

disconnect /dìskənékt/ : 接続を切る

disconnectの意味は「接続を切る」で、語源はdis(否定)とconnect(つなぐ)に由来します。disconnectは主に機器からの電力を止める時、ネットワークから切断する時などに使われます。例えば家電製品を掃除するときは、誤動作を防ぐためにプラグを抜いておきます(to disconnect the plug)。ネットの繋がりが悪いときは、パソコンのネット接続を切断して(to disconnect the computer from the network)、もう一度接続してみましょう。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

nexus /néksəs/ : 関係

nexusの意味は「関係」で、語源はnectere(つなぐ)に由来し、同義語はconnectionです。ただ今の世代の人がnexusという言葉を聞いてまず連想するのは、Google純正のAndroidスマートフォン・タブレットのブランド名の方でしょう。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

語源

Posted by むれ