語源mount, mons (山)の英単語の意味まとめ

2017年11月17日

amount /əmάʊnt/ 分量

amountの意味は「分量」で、語源はad(方向)とmons(山)に由来し、同義語はquantityです。amountの前にbigやsmallなどの形容詞を加えて、分量の程度を表現することができます。例えば都心部でマイホームを建てるには、多額のお金が必要です(to need a large amount of money)。少量の塩を加えるだけでも(adding a small amount of salt)、料理の酸味が増して味が引き締まります。健康な体を維持するためにも、毎日一定量の運動はするべきです(to do a certain amount of exercise)。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

eminent /émənənt/ : 有名な

eminentの意味は「有名な」で、語源はex(外)とmons(山)に由来し、同義語はfamousです。eminentはある分野で高い能力を持っていて有名な場合に使われます。山の中から頭角を現すイメージですね。例えばピカソは誰でも名前を聞いたことがあるほどの有名な画家(eminent painter)です。夏目漱石や芥川龍之介、森鴎外など著名な作家(eminent writers)の書いた作品は今でも読み継がれています。著名な学者(eminent scholar)はその卓越した頭脳で様々な発見をしています。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

imminent /ímənənt/ : 差し迫った

imminentの意味は「差し迫った」で、語源はin(中)とminere(突き出る)に由来します。imminentは何か悪いことが迫ってくる場合に使われます。例えば大雨が降りそうなら(when a heavy rain is imminent)、あらかじめ雨具を用意しておくべきです。経済危機が迫ってくると(an economic crisis is imminent)、人はパニックに陥り持っている株を全て売ろうとしてしまいます。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

mount /mὰʊnt/ : 登る、開始する、山

mountの意味は「登る」で、語源はmons(山)に由来し、同義語はascend, climb, go upです。例えば人は歳をとると階段を登るのも難しくなります(to have difficulty with mounting the stair)。家の屋根など高い場所で作業する場合は、梯子を登ります(to mount a ladder)。

mountの二つ目の意味は「開始する」で、同義語はlaunchです。攻撃や運動、展示会などお大掛かりなことを始めるときに使われます。例えばテロリストは政治的な目的を達成するために政府を攻撃します(to mount an attack on the government)。また医療費削減・健康増進のために政府が禁煙キャンペーンを打ち出すこともあります(to mount an antismoking campaign)。

mountは名詞での意味は「山」で、山の名前の前に使われます。例えば日本で一番高い山は富士山(Mount Fuji)で、世界で一番高い山はエベレスト(Mt. Everest)で、太陽系で一番高い山はオリンポス山(Mount Olympus)です。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

mountain /mάʊntn/ : 山

mountainの意味は「山」で、語源はmons(山)に由来し、同義語はhillです。moutainは特に標高が600メートル以上で、登るのに装備が必要な山を指します。登山が趣味の人は休日に山に登り(to climb a mountain)、山頂に着いたら下山します(to descend a mountain)。またマウンテンバイク(mountain bike, MTB)に乗れば、舗装されていないデコボコした山道(mountain path)でも快適に走ることができます。さらにmountainは複数形になると「山脈」という意味になります。飛騨山脈(Hida mountains)、木曽山脈、赤石山脈は3つまとめて日本アルプスと呼ばれている有名な山脈です。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

mountaineer /mὰʊntəníɚ/ : 登山家

mountaineerの意味は「登山家」で、語源はmons(山)に由来します。趣味で登山をしている人たちのことを登山家と呼びます。マイナーな山なら数日で登ることもできますが、エベレストなどの8000m級になると登るのに数ヶ月かかります。入山料や装備などに多額のお金が必要ですが、どうやって調達するのでしょうか。有名な登山家(famous mountaineer)なら企業のスポンサーになったり、講演を行ったり、本を書いたりして収入を得ます。一方無名の登山家(nameless mountaineer)はシーズンオフにアルバイトをしてお金を稼ぐ必要があります。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

mountainside /máʊntənsàɪd/ : 山腹

mountainsideの意味は「山腹」で、語源はmons(山)とside(側面)に由来します。山腹とは山頂(summit)と麓(foot of mountain)の中間の部分のことです。山から物が落ちると、斜面を転がって勢いを増すので、注意が必要です。例えば雪山では雪崩が山腹から落ちてくることがあるので(an avalanche may fall down frok a mountainside)、スキーをする前には雪崩注意報をチャックしておきましょう。山道を運転するときには山腹からの落石(rockfall from a mountainside)に注意しましょう。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

montana /mɑntˈænə/ : モンタナ州

montanaの意味は「モンタナ州」で、語源はmons(山)に由来します。モンタナ州(state of Montana)はアメリカの北西部に位置する州です。モンタナはスペイン語で「山」を意味し、州の中に山が多いことから名付けられました。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

paramount /pˈærəmὰʊnt/ : 最重要な

paramountの意味は「最重要な」で、語源はper(貫通)とamont(登る)に由来し、同義語はchief, main, primaryです。例えば国の経済が不況に陥った場合、経済政策が最も重要になります(economical policy is of paramount importance)。また隣の家が火事になった場合、まず自分の命を最優先に考えて(to think that your life is paramount)、すぐに避難するべきです。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

prominent /prάmənənt/ : 重要な、突き出た

prominentの意味は「重要な」で、語源はpro(前)とminere(突き出る)に由来し、同義語はimportantです。eminentと同様に周囲から突出したイメージですね。例えば優れた政治家(prominent politician)は人の心をつかむことに長けています。また優れたビジネスリーダー(prominent business leader)はとにかく行動的で、人を動かすのも上手です。

prominentの二つ目の意味は「突き出た」で、特に体の部位で使われます。例えば鼻の高い人(person with a prominent nose)は顔が整っているとされていますが、出っ歯(prominent tooth)は見苦しいとされています。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

surmount /sɚmάʊnt/ : 打ち勝つ

surmountの意味は「打ち勝つ」で、語源はsur(超える)とmoter(登る)に由来し、同義語はovercomeです。人は多くの困難を克服することで(to surmount many difficulties)、精神的に強くなるとされています。たまにテレビ番組で身体障害者が体の障害を克服する美談が取り上げられ(to surmount physical disabilities)、健常者に感動を与えますが、障害者の方は不快に感じるようです。俗にいう感動ポルノですね。英語を学んで言語の壁を乗り越えることで(to surmount the language barrier)、海外のサイトを楽しむことができます。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

語源

Posted by むれ