語源lit (文字、書くこと)の英単語の意味まとめ

2017年11月17日

letter /léṭɚ/ : 文字、手紙

letterはまず「文字」を意味し、語源はleter(文字)に由来します。例えば英語は28文字のアルファベットで構成されています(to be composed of 28 alphabetical letters)。英語の文を書く場合はまず文頭は大文字(capital letters)から始めましょう。一方日本語のひらがなは48の文字で構成されています(to be composed of 48 letters)。48文字なのに五十音順などと言われるのは、今は使われていないひらがなを含めるからです。

またletterには「手紙」の意味もあります。今はネットによるメールが普及して廃れているかもしれませんが、機械に疎い人は友人に手紙を書くこともあるでしょう(to write a letter to his friends)。また漫画家や芸能人はファンから手紙をもらうこともあるでしょう(to receive letters from their funs)。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

literacy /líṭərəsi/ : 読み書き能力

literacyは「読み書きする能力」を意味し、語源はlitera(文字)に由来し、literateの名詞形となります。識字率(literacy rate)とは国の15歳以上の人口のうち読み書きできる人の割合のことです。文字が読めないと国にとっても個人にとっても不利益になるので、識字率の高い国は基礎教育がきちんと整備されているとみなされます。

またliteracyは文字に限ったことではありません。偏向報道やバッシングを見抜くためにはメディアリテラシー(media literacy)が必要となりますし、これからインターネットを使って生きていくならITリテラシー(IT literacy)も不可欠になってきます。投資の道を歩むなら、証券会社に高い金融商品を買わされないように、金融リテラシー(financial literacy)を磨いておくのも良いでしょう。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

literal /líṭərəl/ : 文字どおり

literalは「言葉をそのまま受け止める」という意味で、語源はlitera(文字)に由来します。例えば受験戦争は辞書の定義どおりに戦争をするわけではないので、字義どおりの意味はないと言えます(not to have a literal sense)。言葉を機械的に置き換えて訳すことを直訳(literal translation)、言葉にこだわらず全体の意味をくみ取って翻訳することを意訳(free translation)と呼びます。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

literally /líṭərəli/ : 文字通りに

literallyも「言葉を額面通りに受け取る様子」を意味する副詞で、語源はlitera(文字)に由来します。例えばアスペルガー症候群の人は他人の発言を額面通りに受け止める傾向があるので(to take other’s remark literally)、「ちょっと待って」と言われたら「具体的に何分間?」と聞き返してしまいます。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

literate /líṭərət/ : 読み書きできる

literateは「読み書きができる」という意味で、語源はlitera(文字)に由来し、原義は「文字を知っている人」となります。日本は義務教育がきちんと整備されているので識字率(literacy rate)は極めて高く、ほとんどの人が読み書きをできます(to be litarate)。またliterateは文字だけでなく特定の言語や記号を使う分野でも使われます。例えばIT関連の会社に勤めている人はコンピューターに詳しいはずです(to be computer literate)。また歌手や作曲家も同様に音楽に詳しいはずです(to be musically literate)。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

literary /líṭərèri/ : 文学の

literaryは「文学に関連すること」を意味し、語源はlitera(文字)に由来します。著作家(literary man)の仕事は文学作品(literary works)を作り続けることにあります。書かれた作品には著作権(literary property/copyright)があるので、剽窃しないようにしましょう。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

literature /líṭərətʃ`ʊɚ/ : 文学

literatureは「文学」を意味し、語源はlitera(文字)に由来します。文学(literature)とは、詩や小説、戯曲や随筆などの言語による芸術作品を指します。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

obliterate /əblíṭərèɪt/ : 抹消する

obliterateは「何かを消し去る」という意味で、語源はob(反対)とlitera(文字)に由来します。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

語源

Posted by むれ