語源lab (労働)の英単語の意味まとめ

2017年11月17日

collaborate /kəlˈæbərèɪt/ : 共同で働く

collaborateは「共同する」という意味で、語源はcom(一緒)とlabore(働く)に由来します。例えば仕事で大掛かりなプロジェクトを任されて場合は、同僚と協力する必要があります(to collaborate with your colleague)。科学者たちも未知の発見のために互いに協力することがあります(to collaborate to discover the unknown)。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

elaborate /ɪlˈæb(ə)rət/ : 手の込んだ

elaborateは「精密かつ綺麗に作られた」という意味の形容詞で、語源はex(外)とlabore(働く)に由来します。例えばパティシエは精巧なお菓子を作り(to make elaborate sweets)、高級レストランのシェフは手の込んだ料理を作り(to cook elaborate dishes)、職人は精巧な工芸品を作ります(to make elaborate crafts)。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

labor /léɪbə/ : 労働、労働者、陣痛

laborは「労働」を意味し、語源はラテン語のlaborare(働くこと)に由来します。同義語はwork, job, taskがありますが、laborは肉体労働の意味合いが強いです。労働は市場経済の中でとても重要な位置を占めているので、laborは様々な場面で使われます。例えば肉体労働(mannual labor)は疲れますが、誰でもできるので時給は控えめの傾向にあります。これがもしタダ働きなら無駄骨(lost labor)もいいところです。

またlaborには「労働者」の意味もあります。例えば会社は急に労働力が欲しくなったら、臨時の職員(casual labor)を雇いますが、その多くは低賃金労働者(cheap labor)です。ただ彼らも飲食や介護などストレスのたまる仕事はしたくないので、それらの業界は人手不足(labor shortages)に直面しています。

さらにlaborには「出産する工程」の意味もあります。出産の直前になると、まずは陣痛が始まります(to go into labor)。分娩には10時間以上かかることもあります(to be in labor for over 10 hours)。産みの苦しみ(labor pain)は女性しか味わうことはありません。分娩は分娩室(labor room)で行われます。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

laboratory /lˈæb(ə)rət`ɔːri/ : 実験室、研究室

laboratoryは「実験室」を意味し、語源はlaborare(働く)に由来し、同じ意味の表現にresearch laboratoryがあります。科学者は通常実験室で実験を行い(to conduct an experiment in a laboratory)、実験用のラット(laboratory rat)を使うこともあります。

英語の語源をもっと知りたいなら、下記の記事で紹介している教材がおすすめです。

英語の語源を使ったオススメの教材を紹介

語源

Posted by むれ