語源err, errare (誤り)の英単語の意味まとめ

2017年9月10日

aberration /`æbəréɪʃən/ : 異常

abberationの意味は「異常」で、語源はab(離れる)とerrare(間違い)に由来します。aberrationは光学の分野で使われる少しマニアックな単語です。例えば色収差(chromatic aberration)とは、レンズ内の光の分散によって生じる色ブレのことです。

errant /érənt/ : 逸脱した

errantの意味は「逸脱した」で、語源はerrare(さまよう)に由来します。errantは人に従わず振る舞いのだらしない様子を指す単語です。例えばだらしのない妻(errant wife)は他の男性に浮気し、不忠な子供(errant child)は親の言うことをまともに聞きません。また決まった主君に従えず、各地を渡り歩く騎士をknight errantと呼びます。

erratic /ɪrˈæṭɪk/ : 不規則な

erraticの意味は「不規則な」で、語源はerrare(さまよう)に由来し、同義語はirregularです。例えば変人の奇行(erratic behavior)は誰にも予測することができません。

erratum /eréɪṭəm/ : 誤植

erratumの意味は「誤植」で、語源はerrare(さまよう)に由来し、同義語はmisprintとtypo(typographical errorの略)です。複数形はmediaと同じようにerrataに変化するので注意しましょう。例えば本やカタログに誤植があると、正誤表(errata list)が同封されます。

erroneous /ɪróʊniəs/ : 誤った

erroneousの意味は「誤った」で、語源はerrare(さまよう)に由来し、同義語はwrongです。例えばネットやテレビで誤った情報(erroneous information)を身につけると、それに基づいた誤った考え(erroneous idea)を抱くようになってしまいます。

error /érɚ/ : 誤り

errorの意味は「誤り」で、語源はerrare(誤り)に由来し、同義語はmistakeです。人間は常に過ちを犯す生き物ですが、重要なのはそれに対する態度です。例えば仕事でミスをしたときは(to make an error)、すぐに修正するようにしましょう(to correct an error)。肉体労働ではちょっとした不注意が重大なミス(serious error)を生むことがあります。

語源

Posted by むれ